マフラーに関する情報が満載のサイト!

毛糸の材質とその特徴、マフラーの毛糸の種類

毛糸の材質は、大きく動物、植物、人工の3種類に分かれています。
その特徴として動物は、ウールやアルパカ、カシミアなどふんわりとして保湿、耐久性に優れています。
植物はコットン、リネンなどさらっとしていて、吸水性があります。
人口はアクリルやポリエステルなど発色に優れ、バリエーション豊富となっており、マフラーの材質としては動物の毛が向いています。
マフラーは首に巻くものなので肌に触れた時、不快ではないかがポイントになります。
不快だと肌に合わず、使わなくなってしまうこともあります。
肌にチクチクしない肌触りの、マフラーの毛糸の材質は、綿のオーガニックコットンで赤ちゃん用としても使われているので、安心して使えます。
ウールの場合は、少し高級なメリノ種の羊のメリノウールがチクチクしにくいです。
柔らかくしっとりとした肌触りのカシミアは、こちらも少しお値段は張りますが、使い心地が良く首に巻いていると温かく気持ちが良いです。

毛の素材のマフラーの選び方のポイントについて

秋冬シーズンには、防寒対策にもなりおしゃれなアクセントとしても、マフラーが活躍します。
寒さ対策としてはやはり首に巻いた際にあたたかく保温性に優れている物が良いのですが、手編みや機械編みの毛のマフラーの場合、肌に触れるとチクチクして痒くなる人もいるでしょう。
痒みを感じることが少なくお肌に優しいマフラーは、素材にどのような毛が使われているかにもよります。
選ぶ際には、毛足はあまり長くない物にして、ふわふわのモヘアなどは控えるようにすると良いでしょう。
カシミア素材の物などであれば、肌に触れてもさらりとして気持ちよく、痒みを感じることは少ないでしょう。
また近年は赤ちゃんやアトピーなどの敏感肌の人でも使用できる素材の物も増えています。
お肌が敏感な人は、そういった物を選ぶことで、安心して首に巻くことができるでしょう。
またタートルネックを下に着用することで、首への接触も少なくなり、痒みや荒れを防ぐことができます。

おすすめWEBサイト 5選

大阪の居抜き物件
http://claver-reform.com/

2016/12/27 更新


△top↑