マフラーに関する情報が満載のサイト!

防寒対策はマフラーから

寒いときにはついつい重ね着をしてしまいがちですが、胸元が開いてしまっていたら、せっかく着込んでも効果は半減してしまいます。
首元には太い血管が通っているのですが、特に女性は首が細くて筋肉も男性ほどなく、ファッション的にも首元を冷やしがちです。
首を冷やすと血管が収縮してして体全体が冷えてしまい、ひどいときには自律神経を乱し生理不順などを起こしたり、妊娠しにくい体になってしまいます。
そんなときに有効なのがマフラーです。
しっかりとあごの下まで覆えものが良いのですが、ストールやスカーフでも十分保温効果は期待できます。
また寝る時も首にも何かを巻いて寝ることによって、首元から入って来る冷気も気にならなくなり、ぐっすり眠ることができ、肩こりなども予防できます。
マフラーをすることによって体感温度が4℃上がると言われています。
首元を温めることで、太い血管が拡張して体全体の血行が良くなり、手足の冷えを防ぐことができます。
反対に発熱時に熱を下げたいときは、おでこを冷やすよりも、首元やわきの下を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
防寒に手袋やカイロというのも一つの手ですが、服の色に合わせた、いくつかのマフラーを持っておくと良いでしょう。

マフラーの工夫でイケメン力アップ

寒い時期が続く中で、防寒着としてマフラーを利用する人は多いと思いますが、ただの防寒着としての利用ではもったいないです。
女性は靴先まで見ているというように、男性からしたら「ここまで!?」と思うくらい細かくチェックしているものなので、マフラーをおしゃれに着こなすことができれば周りよりも1歩リードできます。
多くの男性が行う巻き方として、長さを半分になるように一度折り、出来たわっかに通す巻き方や、単純に首に巻き両端を胸の前で垂らす巻き方をしています。
しかし、実は巻き方だけでも数十種類あり、現在でも増え続けています。
巻き方を工夫するだけで、首回りのボリューム・スマートさ・ラフさ加減・奇抜さなど多角的にアピールできるものであり、自分の服装に合わせて変えていきましょう。
また、中年の男性になるとコートをはじめとして黒っぽい色を着ることが多いためか、マフラーの色も暗めの色になりがちです。
しかし、以外にも赤などの鮮明な色のほうがかえってアクセントとなり若く見えたり、おしゃれに見せることができます。
巻き方と色の組み合わせだけで数えきれないくらいのおしゃれのパターンがあるのです。
固定観念に縛られず、新たなおしゃれに挑戦してみましょう。

Favorite

宅配査定、店頭査定、メール査定から選べます。

金 買取

自分にあったデートクラブを探すならまずココ!!

デートクラブ

外出中にネットを使いたい!ネット環境がないけど仕事を進めたい!Wifiレンタルで解決

ポケットwifi レンタル

Last update:2016/6/23


△top↑